今回は、WordPressの環境構築をUbuntuでおこなう方法を紹介します。


まずaptを更新します。


sudo apt-get update

WordPress_012_01


次に、Apache・PHP・MySQL・MySQLモジュールをインストールします。


sudo apt-get install apache2 php5 mysql-server php5-mysql

WordPress_012_04


インストール時にDBのパスワードを設定します。
WordPress_012_02

WordPress_012_03


MySQLの設定をします。下記コマンドでMySQLにrootで接続して「sample」というデータベースを作成します。そしてユーザ「dayjournal」とパスワード「xxxxx」を設定してデータベースに権限を追加します。


mysql -u root -p -e "CREATE DATABASE sample; CREATE USER dayjournal@localhost IDENTIFIED BY 'xxxxx'; GRANT ALL PRIVILEGES ON sample.* TO dayjournal@localhost; FLUSH PRIVILEGES;"

WordPress_012_05


MySQLの設定が終わったら一度Apacheを再起動します。


sudo /etc/init.d/apache2 restart

WordPress_012_06


次に、任意のディレクトリでWordPressのデータ一式をダウンロードします。


wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.5-ja.zip

WordPress_012_07


ダウンロードしたデータを解凍します。


unzip wordpress-4.5-ja.zip

WordPress_012_08


解凍したデータをApacheで作成したWebサーバーのディレクトリに移動します。


sudo mv wordpress /var/www/sh/

WordPress_012_09


移動したディレクトリのユーザをUbuntuのユーザwww-dataに変更します。


sudo chown -R www-data.www-data /var/www/sh/wordpress

WordPress_012_10


設定が終わったらlocalhostにアクセスします。外部のサーバーの場合はIPを指定します。


http://localhost/wordpress/

http://xx.xxx.xx.x/wordpress/

WordPress_012_11


次へ移動してWordPressで必要な設定をそれぞれ任意で設定します。
WordPress_012_12

WordPress_012_13


最後に設定したユーザ名とパスワードでログインします。
WordPress_012_14


環境構築に問題がなければWordPressの管理画面にログインできます。
WordPress_012_15


今回は細かい設定はしませんでしたが、これで仮構築環境としてUbuntuでWordPressを動かすことができます。次は、MacでVCCWを試したいと思います。





book


Q&A