画像


画像






画像






AWS AmplifyとVue.jsでログイン機能を構築してみました!




事前準備


全体の構成はできるだけシンプルに。

バックエンド - ユーザー管理

  • Amazon Cognito

フロントエンド - ログイン機能

  • AWS Amplify
  • Vue.js




バックエンド


まずは、バックエンドを構築していきます。

今までは、Amazon Cognito等のサービスも自分で設定する必要があり設定だけでも苦労したのですが、AWS Amplify CLIが登場したことにより、コマンドのみでほぼ設定が完了することが可能なりました。


認証機能をのみであればこの2コマンドで実装可能です!

amplify add auth

画像


amplify push

画像


これでバックエンドの構築は完了になります。




フロントエンド


次に、フロントエンドを構築していきます。


実行環境

node v12.7.0
npm v6.10.0


まず、プロジェクトに必要なパッケージを2つインストールします。

npm install aws-amplify

画像


npm install aws-amplify-vue

画像




最後に、実際にログイン機能のコードを記述していきます。

基本的には、router.jsに認証部分のコードを記述し、UIは既にあるコンポーネントを指定することでそのまま表示することが可能です。


全体構成

画像


package.json

{
"name": "amplify_prj",
"version": "0.1.0",
"private": true,
"scripts": {
"serve": "vue-cli-service serve",
"build": "vue-cli-service build",
"lint": "vue-cli-service lint"
},
"dependencies": {
"aws-amplify": "^1.1.32",
"aws-amplify-vue": "^0.2.13",
"bootstrap-vue": "^2.0.0-rc.19",
"core-js": "^2.6.5",
"vue": "^2.6.10",
"vue-router": "^3.0.3",
"vuex": "^3.0.1"
},
"devDependencies": {
"@babel/polyfill": "^7.4.4",
"@vue/cli-plugin-babel": "^3.8.0",
"@vue/cli-plugin-eslint": "^3.8.0",
"@vue/cli-service": "^3.8.0",
"babel-eslint": "^10.0.1",
"bootstrap": "^4.3.1",
"eslint": "^5.16.0",
"eslint-plugin-vue": "^5.0.0",
"mutationobserver-shim": "^0.3.3",
"node-sass": "^4.12.0",
"popper.js": "^1.15.0",
"portal-vue": "^2.1.4",
"sass-loader": "^7.1.0",
"vue-cli-plugin-bootstrap-vue": "^0.4.0",
"vue-template-compiler": "^2.6.10"
},
"eslintConfig": {
"root": true,
"env": {
"node": true
},
"extends": [
"plugin:vue/essential",
"eslint:recommended"
],
"rules": {},
"parserOptions": {
"parser": "babel-eslint"
}
},
"postcss": {
"plugins": {
"autoprefixer": {}
}
},
"browserslist": [
"> 1%",
"last 2 versions"
]
}




/src


main.js

import '@babel/polyfill'
import 'mutationobserver-shim'
import Vue from 'vue'
import './plugins/bootstrap-vue'
import App from './App.vue'
import router from './router'
import store from './store'

// Amplify読み込み
import Amplify, * as AmplifyModules from 'aws-amplify'
import { AmplifyPlugin } from 'aws-amplify-vue'
import awsconfig from './aws-exports'
Amplify.configure(awsconfig)

Vue.use(AmplifyPlugin, AmplifyModules)


Vue.config.productionTip = false

new Vue({
router,
store,
render: h => h(App)
}).$mount('#app')




store.js

import Vue from 'vue'
import Vuex from 'vuex'

Vue.use(Vuex)

const store = new Vuex.Store({
state: {
user: null
},
mutations: {
// ユーザー情報保存
setUser(state, user) {
state.user = user
},
}
});

export default store




router.js

import Vue from 'vue'
import Router from 'vue-router'
import Home from './views/Home.vue'
import Login from './views/Login.vue'

import store from './store'

// Amplify読み込み
import { components, AmplifyEventBus } from 'aws-amplify-vue'
import Amplify, * as AmplifyModules from 'aws-amplify'
import { AmplifyPlugin } from 'aws-amplify-vue'

Vue.use(Router)
Vue.use(AmplifyPlugin, AmplifyModules)


let user;

// ユーザー管理
getUser().then((user) => {
if (user) {
router.push({path: '/'});
}
});

function getUser() {
return Vue.prototype.$Amplify.Auth.currentAuthenticatedUser().then((data) => {
if (data && data.signInUserSession) {
store.commit('setUser', data);
return data;
}
}).catch(() => {
store.commit('setUser', null);
return null;
});
}

// ログイン状態管理
AmplifyEventBus.$on('authState', async (state) => {
if (state === 'signedOut'){
user = null;
store.commit('setUser', null);
router.push({path: '/login'});
} else if (state === 'signedIn') {
user = await getUser();
router.push({path: '/'});
}
});

// ルーティング設定
const router = new Router({
mode: 'history',
routes: [
{
// ログインページ
path: '/login',
name: 'login',
component: Login
},
{
// トップページ
path: '/',
name: 'home',
component: Home,
meta: { requiresAuth: true}
}
]
});

// リダイレクト設定
router.beforeResolve(async (to, from, next) => {
if (to.matched.some(record => record.meta.requiresAuth)) {
user = await getUser();
if (!user) {
return next({
path: '/login'
});
}
return next()
}
return next()
});

export default router




src/views


Home.vue

<template>
<div class="home">
<h1>ログイン済</h1>
<hr>
<Button name='sample'/>
<hr>
<!--ログアウトコンポーネント-->
<amplify-sign-out></amplify-sign-out>
</div>
</template>

<script>
import Button from '@/components/Button.vue'

export default {
name: 'home',
components: {
Button
}
}
</script>




Login.vue

<template>
<div class="login">
<!--ログインコンポーネント-->
<amplify-authenticator></amplify-authenticator>
</div>
</template>

<script>
export default {
name: 'login'
}
</script>




簡易ローカルサーバーで確認

npm run serve




ローカルサーバーを立ち上げて、ログイン画面でユーザーを登録しログインしてみます。

画像




AWSのコンソールを確認するとユーザーも正常に登録さています。

画像






AWS AmplifyとVue.jsを利用することで、手軽にログイン機能の構築ができました!

AWS Amplify CLIが登場したことにより、Amplifyを利用する場合に以前よりサーバーレス設定周りがめちゃくちゃ便利になったのでおすすめです。




Vue.jsについて、他にも記事を書いています。よろしければぜひ。
tags - Vue.js





book


Q&A