この記事は、「FOSS4G Advent Calendar 2017」の6日目の記事です。
時間なくて過去記事でごめんなさい。。。

今回は、QGISプラグインを本リポジトリに登録申請して公開してみようと思います。


まずは、自作したプラグインを準備します。今回は下の2つの自作プラグインを登録してみようと思います。

JapanElevation

AttributeAssignment


次に、QGISプラグインを本リポジトリに登録するためにはOSGeoのユーザー登録が必要になります。


メールで問い合わせをします。メールの返信がきてユーザ登録を完了します。


ユーザー登録が完了後、ログインします。


ログイン後、PLUGINSページに移動して「Upload a plugin」ボタンをクリックします。


最後に、自作プラグインの圧縮したデータをアップロードします。


あとはプラグインが審査されて結果メールを受信します。今回、JapanElevationについてはそのまま登録されたのですが、AttributeAssignmentについては「似たようなプラグインが他にもあるから確認してほしい」と返信がきました。

いくつかプラグインを調べるとattributepainterというプラグインが似ていて既に登録されていました。私が作成したプラグインより多機能だったため、不足していた表示をリアルタイムに更新する機能を開発者に連絡して採用して頂きAttributeAssignmentについては本リポジトリ登録は辞退しました。

QGISで属性付与機能を利用したい場合は、attributepainterをぜひご利用ください。もちろん、AttributeAssignmentも利用可能です。


結局、JapanElevationのみ公開することができました。


QGISの本リポジトリ登録申請は、プラグインさえ開発してしまえば比較的簡単に可能でした。英語が全くできない私でも単語を組み合わせてなんとか形に。。。ただ、既にプラグインがたくさんあるので構築する前に既に似たようなのがないか確認する必要がありそうですね。。