今回は、Microsoft Azureでバックアップの設定方法を試したいと思います。


まず、AzureでRecovery Services コンテナーを選択→その中のバックアップを選択します。
Linux_005_06


バックアップの選択画面が起動するので、バックアップの目標を設定。Azureと仮想マシンを選択します。
Linux_005_02


次にバックアップポリシー選択を設定します。ここでバックアップの頻度や保持期間等を任意に設定します。
Linux_005_03


最後にバックアップするアイテム選択を設定します。ここでバックアップしたい仮想マシンを選択します。
Linux_005_04


あとは、バックアップの有効化をすると完了です。
Linux_005_05


Azureで仮想マシンをバックアップするためにはRecovery Services コンテナーを利用します。





book


Q&A