Leafletで背景にBingMapを表示するためには準備作業が2つ必要です。

①BingMapを表示するためにkeyを作成します。
まず、「bing Maps Dev Center」にアクセスします。

Microsoft accountでログインし、Maps Dev Centerに登録をします。

登録が完了したらMY account → Create or view keys

Leaflet_011_03

keyの登録情報を記入して実行します。
※Key typeは「Basic」にします。

Leaflet_011_02

実行されるとkeyが作成されるのでコード内の「取得したKeyを入力」に貼り付けます。


②Leafletのプラグインの1つである「leaflet-plugins」を使用します。
プラグインをダウンロードしたらその中にある「Bing.js」を読み込みます。

<script src="./plugin/leaflet-plugins-master/layer/tile/Bing.js"></script>




Leafletで背景にBingMapを表示するためには下記のように記述します。

index.html


<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>sample</title>

<script src="http://cdn.leafletjs.com/leaflet-0.7.3/leaflet.js"></script>
<script src="./plugin/leaflet-plugins-master/layer/tile/Bing.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="http://cdn.leafletjs.com/leaflet-0.7.3/leaflet.css" />
<link href="stylesheet.css" rel="stylesheet" />

</head>

<body>

<div id="map"></div>

<script src="script.js"></script>

</body>

</html>


stylesheet.css


html, body {
width: 100%;
height: 100%;

}

#map {
width: 100%;
height: 100%;
}


script.js


var map = L.map('map');

var BingMap = new L.BingLayer("取得したKeyを入力", { type: 'Road' });
map.addLayer(BingMap);

map.setView([35.681382, 139.766084], 15);


index.htmlを実行すると下記のようにブラウザで表示されます。


読み込む地図の種類を変えたい時:
L.BingLayer~の部分の記述を変更します。

BingMapオルソ


var BingMap = new L.BingLayer("取得したKeyを入力", { type: 'Aerial' });
map.addLayer(BingMap);


初期表示位置・縮尺を変えたい時:
map.setView~の部分の記述を変更します。

日本全体表示


map.setView([35.999887, 138.75], 5);





book


Q&A