今回は、「gulp」でタスクの実行順を確認したいと思います。

node.js_016_02


「gulpfile.js」に下記コードを記述します。

gulpfile.js


var gulp = require('gulp');

gulp.task('sample01', function() {
return gulp.src('./sample/index.html')
.pipe(gulp.dest('./dist'));
});

gulp.task('sample02', ['sample01'], function() {
return gulp.src('./sample/sample.html')
.pipe(gulp.dest('./dist'));;
});

gulp.task('log', ['sample02'], function() {
console.log('処理終了しました。');
});

gulp.task('default', ['log'])


作業フォルダでgulpを実行すると実行結果がコマンドプロントに表示されます。


gulp



node.js_019_02


第2引数に先に実行したいタスクを指定:


gulp.task('sample02', ['sample01'], function() {


タスクを返す処理:


return gulp.src('./sample/sample.html')


gulpではタスクが並列で実行されます。そのため実行順を指定しなければどういう順番で実行するかわかりません。今回の記述を利用すると実行順を指定して実行することが可能になります。







Q&A