今回は、「gulp」でファイルをコピーする方法を試したいと思います。

node.js_016_02


まず、サンプルとしてsampleフォルダに「index.html」を用意します。
node.js_017_01


index.html


<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>sample</title>
</head>

<body>

<p>サンプル!</p>

</body>

</html>


「gulpfile.js」に下記コードを記述します。

gulpfile.js


var gulp = require('gulp');

gulp.task('sample', function() {
gulp.src('./sample/index.html')
.pipe(gulp.dest('./dist'));
});

gulp.task('default', ['sample'])


作業フォルダでgulpを実行すると「dist」フォルダが作成され「index.html」がコピーされます。


gulp


node.js_017_03


node.js_017_02


コピーするファイルを指定:


gulp.src('sample/index.html')


ファイルのコピー先を指定:


.pipe(gulp.dest('./dist'))




ワイルドカードも利用できるため一括指定や任意指定も可能です。

全てのファイルを指定:


gulp.src('./sample/*')


任意の拡張子ファイルを指定:


gulp.src('./sample/*.html')


任意のフォルダのファイルを指定:


gulp.src('./**/*.html')


任意のファイルのコピーを除外:


gulp.src(['./sample/*.html', '!./sample/sample.html'])


必要なファイルだけを自動コピーして環境を構築できるため便利です。







Q&A