画像




DockerfileでPythonのコマンドを実行するメモ。




Dockerfileを作成します。


Option Description
FROM イメージを指定
COPY 指定ディレクトリにコピー
WORKDIR ディレクトリパス指定
CMD コマンド実行


Dockerfile


#PythonのDockerイメージを指定
FROM python:3.6

#ファイルをappディレクトリに追加
COPY script.py /app/

#ルートディレクトリ設定
WORKDIR /app

#コマンド実行
CMD ["python", "script.py"]




次に、処置したいファイルを準備します。


script.py


#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

if __name__ == '__main__':

print ("script.pyを実行しました。")




準備ができたら、Dockerfileが存在するディレクトリに移動してビルド。


Option Description
-t イメージ名指定
–no-cache キャッシュを使わない



docker build -t イメージ名 --no-cache .

画像




コンテナを起動。script.pyに記述したprint文が実行されます。


Option Description
-it コンテナ名指定
–rm 終了時コンテナ削除



docker run --rm -it コンテナ名

画像









Q&A