Monthly Archives: 3月 2017

Leaflet #031 – ラインを表示

 

Leafletでラインを表示するには「L.polyline」を利用します。

 

index.html

 

stylesheet.css

 

script.js

 

index.htmlを実行すると下記のようにブラウザで表示されます。
leaflet_031_01

example

 

スタイルを変更:

 

L.polylineを利用すると地図上にラインを表示することができます。

 
 

 

QGIS #038 – マップのレイヤを取得するスクリプト

 

QGISで、マップのレイヤを取得するスクリプトは下記のように記述します。

 

 

実行するとマップ内に表示されているレイヤリストを表示します。
QGIS_038_01

 

全てのレイヤをリストオブジェクトで取得:

 

.name()でレイヤ名を取得:

 

マップ内に表示されているレイヤを調べる事ができます。

 
 

  • 参考文献

QGIS

 

Leaflet #030 – URLに経緯度とズームレベル表示

 

LeafletでURLに経緯度とズームレベルを表示するには、「Leaflet-hash」と言うプラグインを利用すると便利です。

 

index.html

 

stylesheet.css

 

script.js

 

index.htmlを実行すると下記のようにブラウザで表示されます。
leaflet_030_01

example

 

URLに経緯度とズームレベルを表示したい時に便利なプラグインです。

 
 

 

QGIS #037 – レイヤパネルのレイヤを取得するスクリプト

 

QGISで、レイヤパネルのレイヤを取得するスクリプトは下記のように記述します。

 

 

実行するとレイヤパネル内に表示されているレイヤリストを表示します。
QGIS_037_01

 

全てのレイヤをリストオブジェクトで取得:

 

.name()でレイヤ名を取得:

 

レイヤパネル内に表示されているレイヤを調べる事ができます。

 
 

  • 参考文献

QGIS

 

Leaflet #029 – パルスマーカー

 

Leafletでパルスマーカーを実装するには、「leaflet-icon-pulse」と言うプラグインを利用すると便利です。

 

index.html

 

stylesheet.css

 

script.js

 

index.htmlを実行すると下記のようにブラウザで表示されます。
leaflet_029_01

example

 

アニメーションをOFF:

 

パルスの間隔を設定:

 

パルスマーカーを実装したい時に便利なプラグインです。

 
 

 

QGIS #036 – プロジェクトのレイヤを取得するスクリプト

 

QGISで、プロジェクトのレイヤを取得するスクリプトは下記のように記述します。

 

 

実行するとプロジェクト内に読み込まれているレイヤリストを表示します。
QGIS_036_02

 

全てのレイヤを辞書オブジェクトで取得:

 

.items()と.name()でレイヤ名を取得:

 

プロジェクト内に含まれているレイヤを調べる事ができます。

 
 

  • 参考文献

QGIS

 

PhpStorm #014 – 独自拡張子登録

 

phpstorm_001_01

 

今回は、PhpStormで独自拡張子を登録する方法を紹介します。

 

独自拡張子を登録するためには下記方法でおこないます。

 

Configure → Preferencesを選択します。

phpstorm_001_02

 

Editor → ファイルタイプを選択します。

phpstorm_014_01

 

HTMLファイルを選択して、下にある+ボタンを押します。ダイアログが表示されるので追加したい拡張子を記述します。今回は、「*.tag」とします。

phpstorm_014_02

 

設定が終わって、tagファイルを開くとHTMLファイルとして認識できているのを確認できます。

phpstorm_014_03

 

PhpStormで拡張子を追加登録すると、Riot.jsなどの独自拡張子の「.tag」などをHTMLファイルなどと関連付けすることができます。

 
 

 

PhpStorm #013 – 変数一括リネーム

 

phpstorm_001_01

 

今回は、PhpStormで変数を一括リネームする方法を紹介します。

 

変数を一括リネームするためには下記方法でおこないます。

 

変更したい変数を選択後、リファクタリング → 名前の変更を選択。または、Shift + F6。

phpstorm_013_03

 

新しい変数名を入力したら、リファクタリングを実行します。

phpstorm_013_01

 

実行されたら、変更した変数とその変数に関係する全ての変数名が一括で変更されます。

phpstorm_013_02

 

PhpStormの変数一括リネーム機能を利用すると、指定するだけで関係する全ての名称を自動で変更してくれるのでかなり便利です。