Soft #006 – ApacheでローカルWebサーバー構築

By | 2015年6月18日

 

今日は、「Apache」でWeb開発のローカル環境構築方法を紹介したいと思います。

Apacheとは、フリーで利用可能で大規模な商用サイトから自宅サーバまで幅広く利用されているWebサーバソフトです。正式名称は「Apache HTTP Server」と呼ばれています。

 

まずApacheのインストールをします。
Downloadsから最新版のインストーラーをダウンロードします。

Apache Lounge

Soft_006_01

 

64bitか32bitのどちらかを選択します。

Soft_006_02

 

ダウンロードファイルを解凍すると「Apache24」というフォルダが解凍されます。
そのフォルダを任意の場所に移動します。
※インストーラーは付属されてません。

Soft_006_03

 

「C:\任意\Apache\Apache24\conf」にある「http.conf」をテキストエディッタで開きます。

Soft_006_04

 

「http.conf」ファイルの37行目のパスを現在の「Apache24」のパス名に変更します。
※パスの区切りは「/」なので注意してください。

Soft_006_05

 

「http.conf」ファイルの243行目のパスを現在の「htdocs」のパス名に変更します。

Soft_006_06

 

「http.conf」ファイルの359行目のパスを現在の「cgi-bin」のパス名に変更します。

Soft_006_07

 

「http.conf」ファイルの375行目のパスを現在の「cgi-bin」のパス名に変更します。

Soft_006_08

 

「http.conf」ファイルの218行目のサーバー名を「localhost:80」に変更します。

Soft_006_09

 

「http.conf」ファイルの242、243行目のパスをWebサーバにしたい任意のフォルダのパス名に変更します。「http.conf」を保存して閉じます。
そして、指定した任意のWebサーバーフォルダに表示したいhtml等を保存します。

Soft_006_10

 

Webサーバーを起動するには「C:\任意\Apache\Apache24\bin」にある「httpd.exe」を実行します。次にブラウザで「http://localhost/」にアクセスします。
正常に起動しているとWebサーバーフォルダに保存したhtml等が実行されてWebページが表示されます。

Soft_006_11

 

「Apache」を利用することでローカル環境にもWebサーバーを構築することができます。
実際のWebサーバーへのアップロードを想定した開発がおこなえます。

 
 

  • 参考文献

AdminWeb